「東京都スノーケリング協会」設立趣意書 of 東京都スノーケリング協会


HOME > 「東京都スノーケリング協会」設立趣意書

1.背 景
スノーケリング(snorkeling)とは、主に水中マスク、スノーケル、フィン、スノーケリングベスト
といった用具を身に付け、水面での浮力を十分に確保しつつ、水面上を漂うように移動し、
口にくわえたスノーケル(パイプ状の呼吸管)を通して常に呼吸活動を継続しながら、
水面から水中の 様子を観察する活動のことを示します。
このスノーケリングは、スキンダイビングやスクーバ・ダイビングといった本格的なダイビングへ
の発展につながるとともに、最も手軽に親しみ易い活動としての特性を有している所から、
「海への窓口」としての位置付けに相応しく、幅広い世代に対して一層正しい知識と技術の習得を組織的に
展開し、誤った理解や早まった行動等による事故を防止すると共に、誰もが安心して取り組むこと
ができ、自然や生物にも優しい活動としての普及を図る必要性が高いものと言えます。
生涯学習社会の形成を目指す我が国において、これらの社会的要請に応えるために、国内関係
団体・組織による連携のもと「東京都スノーケリング協会」を設立し、公認のスノーケリング指導者による
体系立てた指導を展開するものです。
2.目 的
野外スポーツ関連団体及びダイビング関連団体による連携のもと、身近で安全な水辺活動
としてのスノーケリングの指導を通し、海に恵まれた我が国における代表的な健全余暇活動ならび
に生涯学習活動としての普及と定着を図ることを目的とする。
3.設 立
本協会は平成24年7月1日に設立され、以下活動を行う。
4.活 動
1)各種の社会教育組織、指導団体、青少年施設、学校、ならびに地域の独自性を尊重しつつ、
    生命の安全と環境の保護を第一とした視点による共通理解のもとで指導を実践することのより、
    全ての人々のために健全で楽しく親しみ易い活動としてのスノーケリングの普及と定着に努める。
2)前項における内容の保持と確立を図るために、一定の基準に基ずく認定業務を総括して実施する。
3)器材メーカー、関係省庁・自治体、関係団体、各種企業等との交流を積極的に行い、公益的観点
    からの折衝業務を実施する。また国際的には我が国を代表する組織としての立場から、友好的な
    交流を実践する。
4)スノーケリングに関する保険契約について、組織的および公益的な立場から積極的に推進する。
    (スポーツ安全協会のスポーツ安全保険やその他の保険の活用)
5)安全確保をはじめ、全ての人々のための生涯学習活動としての位置付けにおける研究・
    開発事業を積極的に行い、その成果を社会に広く還元する。
6)組織・メンバー間の情報交換を積極的に行い、連携して広く社会に対してスノーケリングに
    関する情報発信に努める。
7)スポーツダイビング選手権大会、スポレク祭等への参加、およびスノーケリング大会等
    各種行事の開催。
8)その他スノーケリングの健全な普及と定着に資する事業。